秘密鍵を持たないユーザをsshでログインできないようにする

/etc/ssh/sshd_configのPasswordAuthenticationを「no」にし、

# Change to no to disable tunnelled clear text passwords
#PasswordAuthentication yes
↓
PasswordAuthentication no

その後sshdを再起動すればOK。

$ /etc/init.d/ssh restart

HTTPリクエストのリクエストヘッダにリファラを設定したい

NSMutableURLRequestクラスのsetValue:forHTTPHeaderField:メソッドを使う。

NSURLRequestではなくNSMutableURLRequestを使うのがポイント。HTTPメソッドやHTTPヘッダをセットしたい場合はプロパティの変更が不可能(Immutable)なNSURLRequestじゃなくて変更可能(Mutable)なNSMutableURLRequestを使う必要があります。

    ...
    NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"http://example.com"];
    NSMutableURLRequest *request = [NSMutableURLRequest requestWithURL:url];
    [request setValue:@"http://referer.example.com" forHTTPHeaderField:@"Referer"];
    ...

UIWebView上でJavaScriptを走らせたい

UIWebView上でJavaScriptを走らせたい場合はUIWebViewクラスのstringByEvaluatingJavaScriptFromString:メソッドを利用する。返り値には最後に評価した式の値が格納される。

以下では最後に評価された「a + b」の結果である「3」が返る。

    NSString *s = [webView stringByEvaluatingJavaScriptFromString:
         @"var a = 1; var b = 2; a + b;"];
    NSLog(@"=> %@", s); //=> 3

以下はUIWebView上で選択中の文字列をNSLogで出力する例。

- (IBAction) showSelectedText {
    NSString *s;
    
    // 選択中の文字列を取得(なぜかtoString()しないと値が返らない)
    s = [webView stringByEvaluatingJavaScriptFromString:
         @"document.getSelection().toString()"];
    NSLog(@"=> %@", s);
}

SQLiteのスキーマ定義をHTML形式で出力する

SQL形式ので出力なら以下のコマンドでできるんだけど、

$ sqlite3 db_file ".schema"

HTML形式で見たかったのでサックリとシェルスクリプトを書いた。あとでまた使うかもしれないのでメモっておく。

# sqlite_schema.sh
sqlitedb=$1

echo "<html><body>"
for i in `sqlite3 ${sqlitedb} ".tables"`
do 
  echo "<h2>${i}</h2><ul>"
  for j in `sqlite3 ${sqlitedb} "PRAGMA table_info(${i});" | awk 'BEGIN{FS="|"}{printf "%s(%s)\n", $2, $3}'`
  do 
    echo "<li>${j}</li>"
  done
  echo "</ul>"
done
echo "</body></html>"

使い方はこんな感じ。

$ sh sqlite_schema.sh db_file

スキーマだけじゃなく中のデータも出力したい場合

中のデータも出力したくなったときはこちらを。

# sh sqlite_dump.sh db_file
sqlitedb=$1

echo "<html><body>"
for i in `sqlite3 ${sqlitedb} ".tables"`
do 
  echo "<h2>${i}</h2>"
  echo "<table border=1>"
  echo "<tr>"
  for j in `sqlite3 ${sqlitedb} "PRAGMA table_info(${i});" | awk 'BEGIN{FS="|"}{printf "%s\n", $2}'`
  do 
    echo "<th>${j}</th>"
  done
  echo "</tr>"
  sqlite3 -html ${sqlitedb} "select * from ${i};"
  echo "</table>"
done
echo "</body></html>"

SQLiteでの「file is encrypted or is not a database」エラー

とあるアプリが作成したsqliteのファイルを開こうと思ったら以下のようなエラーが出て開けなかった。

$ sqlite hoge.sqlite
Unable to open database "/opt/services/galaxy/development/current/database/universe.sqlite": file is encrypted or is not a database

調べてみた所、sqlite3で作られたDBをsqlite2で開こうとするとこのエラーが出る事があるらしい。sqliteコマンドを叩いて確認してみたところ確かにこれはsqlite2。

$ sqlite
SQLite version 2.8.17
Enter ".help" for instructions
sqlite> 

ということで、sqlite3をインストールして無事に望むsqliteファイルを開くことができたのでした。

$ sudo aptitude install sqlite3
$ hash -r
$ sqlite3 hoge.sqlite
SQLite version 3.7.2
Enter ".help" for instructions
Enter SQL statements terminated with a ";"
sqlite> 

ユーザubuntuのパスワードを強引に変更したい

Amazon EC2用のUbuntuイメージを利用してるのだけど、ログインユーザであるubuntuのパスワードが分からなくていろいろ難儀してる。

ログイン自体は公開鍵を利用したログインのためパスワードがなくてもログインできる。ログインできてるならpasswdコマンドを使えばいいかと思ったら変更する前に現在のパスワードを聞かれてしまいあえなく失敗。

悲しみにくれつつWebをさまよったところ以下のコマンドでいけることが分かった。

$ sudo passwd ubuntu

無事にパスワードを変更して快適になったよ。